ファシア

筋膜性疼痛症候群,MPSとは?

いわゆる「筋のコリ」による症状をきたす、世界中で一般的な病気です。

「筋痛症(きんつうしょう)」とも言われますが、線維筋痛症と間違わないでください。お医者さんでもMPSの存在を知らない人はまだたくさんいます。

筋膜は英語でMyoFascia(マイオ・ファシア)と言い、Fascia(ファシア)の一部です。

通常、我々が急激に重い物を持ったり、無理な姿勢等により繰り返し筋に負荷をかけたりすると、筋に過剰な負荷がかかります。

筋への過剰な負荷は、いわゆる「筋肉痛」として生じ、数日程度で回復をします。

しかし、負荷が繰り返したり、寒冷にさらされたり、血行の悪い状態が続いたりすると、筋が短期間では回復できなくなります。

この状態が筋膜性疼痛症候群(MPS)になった状態です。筋膜性疼痛症候群(MPS)では一般的な筋肉痛とは異なり、痛みやしびれの強さが相当激しいものになり、更に痛みやしびれの範囲が広範囲に発生する傾向にあります。(日本整形内科学研究会より引用)



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示